福岡はたらくTVとは

福岡のNo.1企業に「あいのりインターン」。厳選80社の動画を見て業界研究できる。福岡はたらくTV

JOUNAL記事

  • ホーム
  • 記事
  • 就活における「適性検査」とは?検査の種類と対策を知ろう!
2018.10.16

就活における「適性検査」とは?検査の種類と対策を知ろう!

就職活動の初期、

多くの就活生が「適性検査」と呼ばれる試験を受験することになります。

 

「適性検査ってなんのためにやるの?」

「具体的にはどんなテストを受けるの?」

「対策って必要?」

など、疑問に感じている人も少なくないのではないでしょうか?

 

そこで、今回の記事では

適性検査の目的に加え、主要な検査の種類や特徴を紹介していきます。

適性検査とは?

就職活動における適性検査とは一般的に筆記テストやWebテストを用いて受験者の能力や性格を判定し、採用の判断材料にするものです。

 

その評価基準は企業により異なり、受験者の絞り込みに用いる場合や、社会人としての教養と知識力の判断に用いている場合もあります。

また、職種によっては専門知識を問う問題が出題されることもあるようです。

 

適性検査の必要性

就職・採用活動では、筆記試験や、グループディスカッション、個別の面接など、いろいろな形式で選考が行われます。そんな中で。わざわざ適性検査を行う必要があるのでしょうか?

この章では、適性検査を行う目的と、メリットを解説していきます。

 

・採用、選抜試験で活用される適性検査

企業の採用担当者も、学歴や肩書だけで個人の能力や性格をはかることはできません。

事前に準備ができるもの面接以外にも、その人の人間性がわかる適性検査を行うことで、判断材料を増やし、より公正に合否の判断を下そうとしているのです。

 

・適性検査を行うメリット

先ほども述べましたが、適性検査を行うことで企業側は、合否を判断する際の材料が増えることになります。

また、学生にとっても、その企業への適性を図ることにつながるため、入社後にミスマッチを感じる可能性を低くすることにつながります。

 

・その他に実施されることの多い試験方法

①筆記テスト

就活の筆記テストは「筆記試験」や「ペーパーテスト」とも呼ばれています。

マークシート方式で出題されることが多いため、筆記用具を事前に準備する必要があります。

効率的に試験を進めるために、塗りやすさを重視して鉛筆を数本持参すると良いでしょう。

 

②WEBテスト

就職活動におけるWebテストとは、一般的に自宅のパソコンや学校のパソコンなどで受験する検査を指します。この他に専用の会場や企業で行う検査などさまざまな方法があるので、受験会場を事前に把握しておきましょう。

自宅での受験では騒音なども集中力を欠く原因です。携帯の着信音や突然の来客などの事態も想定されるため、携帯をマナーモードにするなど集中できる空間作りを行いましょう。

 

③小論文

出題内容は就活に関わることから時事問題、抽象的なテーマなどさまざま。

大手企業やマスコミなどで出題される傾向があるようです。

 

出題の例として以下のようなものが挙げられます。

「あなたの考える「次世代のメディアのあり方、展望」などを論じて下さい」

「最近の社会問題で、一番感心のあるでき事について記述しなさい」

「あなたが「マニアックに語れるもの」について、その魅力を思う存分語って下さい」

 

起承転結の文章構造を理解し、自分なりの考え方をまとめれれるようにしましょう。

適性検査で何を見られているの?

適性検査にはどのような内容があるのでしょうか?

大きく分けると、「能力検査」と「性格検査」の2つがあります。適性検査ではこの2つのテストを行い、企業に適している人材なのかどうか見極めます。

では、この2つにおいて、それぞれどのような内容が行われているのか見ていきましょう。

 

・能力検査

能力検査は、働く上で必要となる基礎的な能力を測る検査です。

具体的には、「言語分野」と「非言語分野」の2種類の問題を通して、「問われていることが何かを正しく理解し、どういったプロセスで考えれば答えが出そうかを合理的に考え、効果的・効率的に処理していく能力」を測ります。

 

言語分野では、言葉の意味や話の要旨を的確にとらえて理解できる力を測る問題が、非言語分野では、数的な処理や、論理的思考力を測る問題が出題されます。

 

なお、検査の結果は、得点が高ければ高いほど良いというものではなく、その企業が求める能力水準を満たしているかどうかという観点で見られています。(求める能力水準は、企業によって異なります)

 

・性格検査

性格検査は、日ごろの行動や考え方などについての多角的な質問から、その人がどんな人なのか、どのような仕事や組織に向いていそうかなど、人となりを把握するための検査です。

 

具体的には、物事や人、目標などに対する考え方などについて2つの選択肢が提示され、どちらが自分に当てはまるかを選択していきます。

適性検査の種類

就活で行われる適性検査や性格検査にはいくつか種類があります。この検査の種類によって傾向も大きく変わるので、自分が志望する企業がどの適性検査や性格検査の種類を採用しているのか事前に確認しておきましょう。以下で、種類ごとにどのような特色があるのかを見ていきます。

 

・SPI(リクルートキャリア)

適性検査の種類のひとつにリクルートキャリアが制作している「SPI」というものがあります。適性検査の中でも代表的な種類だといえるでしょう。SPIの特徴のひとつとして、誤謬率(ごびゅうりつ)を測定しているものがあるという点です。誤謬率とは、「回答した問題の中で誤答した割合」になります。誤謬率を測定しているSPIでは、未回答よりも誤答のほうが点数が悪くなってしまうのです。中には誤謬率を測定していないものもあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

・玉手箱(SHL社)

SHL社が出している「玉手箱」も、適性検査の代表的なものです。企業、業界問わずに導入している企業が多くあるので、こちらも就活において対策は必須といえるでしょう。 「玉手箱」は、「言語」「計数」「英語」「性格検査」から成り、Webテスト対策においては外せないものとなります。

 

・TG-WEB(ヒューマネージ社)

「TG-Web」はヒューマネージ社が出しているテストです。他の適性検査の種類の比べると比較的難しめの問題が出題される傾向にあるのが特徴のひとつです。「TG-Web」にも従来型と新型があり、種類によって何度は出題傾向も変わるのでチェックしておきましょう。問題の解き方を知っていれば、他の就活生との差をつけられるポイントにもなるので、ぜひしっかりと対策しておくのをおすすめします。

 

適性検査を受ける前に準備しておきたいこと

・パソコンの操作に慣れておく

手元で計算して画面上で答えを選ぶ、次の画面に進むと前の画面には戻れないなど、パソコンでの受検には独特の回答方法や形式があり、何も準備せずに本番に臨むと面食らう可能性があります。本番で実力を出せるよう、あらかじめWebテストを体験し慣れておきましょう。

 

・テストを受ける感覚を持っておく

以前は解けた問題が、時間が経つと解けなくなっているということはよくあることだと思います。

国語問題や計算問題など、SPIの能力検査のような問題をしばらく解いていないといった場合は、本番を迎える前に、何らかの形で疑似体験をして問題を解く感覚を取り戻しておきましょう。

また、日常的な準備として、語彙(ごい)力を上げる、何かしらの問題や課題について深く考えてみる、ニュースや授業で統計数字が出てきたときにその意味するところを意識して考える、といったこともSPIの準備として有益でしょう。

 

・性格検査は正直に回答する

性格検査については、準備は特に必要ありません。自分を正直に出して、答えるように心がけることが大切です。

志望企業の求める人材像に合うような回答をするなど、変に取り繕って回答しても、その後の面接で回答内容と実際の人物とのかい離はすぐに明らかになってしまうでしょう。

仮に希望する企業に入社できたとしても、入社後、企業に合わず、苦労する可能性もあります。

企業によって求める人材は異なりますし、一つの企業が1つのタイプの人材だけを必要としているわけでもありません。

自分の持ち味に合った仕事や企業に出会うために、正直に回答しましょう。

 

今回の記事では、就職活動での適性検査について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

適性検査とはその名前のとおり、その企業で働いていくことに能力的、性格的に向いているのか、適正を検査するためのものです。

得点が高ければ高いほど良いというものではありません。

 

過度な対策は、ミスマッチ

 

 

関連:【ここで差がつく面接対策!「最近気になるニュース」の解答ポイント

記事を書いた人:紫垣 寛

その他記事もチェック

  • journal    記事

    6/18(火)17:30~20:00【就活ミチシルベ】 これか...

    2019.6.7

  • journal    記事

    ゼミに入ると就活に役立つ?良いゼミの選び方・入...

    2019.1.11

  • journal    記事

    学生と社会人の違いは?面接で結果を出すための答...

    2019.1.11

  • journal    記事

    就活に疲れたら読む記事。自分らしく就活するために。

    2019.1.11

  • journal    記事

    「支店見学」で就活を有利に進めよう!

    2019.1.11

  • journal    記事

    金融業界は銀行や証券だけではない!機能や役割な...

    2019.1.11

一覧に戻る

新着記事

  • journal    記事

    >6/18(火)17:30~20:00【就活ミチシルベ】 これか...

    2019.6.7

  • journal    記事

    >ゼミに入ると就活に役立つ?良いゼミの選び方・入...

    2019.1.11

  • journal    記事

    >学生と社会人の違いは?面接で結果を出すための答...

    2019.1.11

  • journal    記事

    >就活に疲れたら読む記事。自分らしく就活するために。

    2019.1.11

  • journal    記事

    >「支店見学」で就活を有利に進めよう!

    2019.1.11

  • journal    記事

    >金融業界は銀行や証券だけではない!機能や役割な...

    2019.1.11